肉離れとは筋組織が断裂し内出血を伴うもので再発率が高いことでも知られる

16535520

肉離れとは読んで字のごとく、肉が離れること、つまり筋組織が断裂してしまうことを言います。
また、その再発率が高いのも特徴です。
その症状と再発させないための予防法についてご紹介します。

肉離れとは筋組織が断裂し内出血を伴うもので再発率が高いことでも知られる

11142387

スポーツ選手などが怪我をしたときによく聞く症状として、肉離れがあります。

肉離れとは読んで字のごとく、肉が離れること、つまり筋組織が断裂してしまうことを言います。

筋組織が断裂してしまったところには内出血が生じ、強い痛みを伴います。

肉離れとは、主に瞬発的な動きにより筋肉に一気に大きな負荷がかかり、耐えきれなくなった筋組織が断裂すると言うプロセスで起こります。

 

肉離れの発生しやすい部位は太ももとふくらはぎ

大腿屈筋、大腿直筋、大腿内転筋と呼ばれる太もものそれぞれ前側後ろ側内側の筋肉でよく発生します。

右太ももの肉離れで全治1ヶ月の怪我などと、表現されているのをマスメディアなどを通じてよく聞きます。

ふくらはぎも肉離れの発生頻度が高い箇所で、年齢を問わず起こりやすいです。

太ももに関しては、20代前後の若年層に多く発生するという特徴があります。

 

肉離れが発生したら運動の継続は困難

症状としては、突然強い痛みが発生し、多くの場合、運動の継続が困難になります。

内出血を伴った患部には腫れが生じます。

筋組織が断裂した箇所の中心に押すと痛む圧痛が強く、重症の場合は断裂した凹みを指で触ることがあります。

肉離れの程度はさまざまで、歩行に支障がない程度の軽度なものから、数ヶ月を治療に要する重度なものまであります。

 

肉離れは再発率が高いのが特徴

再発率が高い事は、肉離れの特徴の1つとして挙げられます。

一度肉離れが起きてしまうと、筋肉は硬くなり、柔軟性が低下してしまいます。

それに伴い収縮力も弱まり、再発率が高いという結果を招いてしまうことにつながります。

再発を防ぐためには、ストレッチ等により柔軟性を保つことが肝要です。

また、ビタミン群やコラーゲンを積極的に摂取することで、筋肉をしなやかな状態にキープすることも対策として有効です。

肉離れとは、日常生活を送ることに支障をきたす厄介な怪我です。

完全に防ぐ事は無理でも、日ごろから運動を心がけたり、
運動前には十分なストレッチをしたりと、対策を講じる事は重要です。

筋肉を柔らかく保つことで、予防に努めたいです。

筋肉の異常収縮か筋肉の痙攣か。肉離れと足がつるとの違い

526275

朝起きたらふくらはぎが痛くて、布団の中で「痛い痛い」と転げまわって痛みが治まるのを待ったと言う経験は誰でも1度や2度はあるでしょう。

これは、俗に言う「足がつった」という状態です。

医学的に言うと、ふくらはぎの筋肉が必要以上に収縮している状態(異常収縮)です。

つまり筋肉が痙攣している状態です。

 

足がつる原因は血行不良や水分不足、病気のサインも

筋肉の異常収縮の原因は、いくつかあげられます。

多いのは、冷えによる血行不良です。

寝ている時に足が冷えてしまったり、水泳選手なども冷たいプールで足が冷えて、練習中に足の筋肉が痙攣することがあります。

2つ目は、汗をたくさん掻いたり下痢や嘔吐で血液中のカリウムが不足した時も、足がつることがあります。

それ以外にも、病気のサインということもあります。

背景に何らかの病気が隠れている場合もあります。
糖尿病や、肝臓病、腎臓病、立ち仕事の人に多い足の血管が浮き出たり足が疲れやすくなる下肢静脈瘤でも足がつりやすいです。
頻繁に足がつる時は、病気が隠れていないか検査を受けるほうが良いでしょう。

また、お薬の副作用で足がつることもあります。
血圧を下げる薬や心臓の薬、甲状腺の薬でこのような症状が起きることがあると報告されています。

 

肉離れが発生するのはスポーツ時が多い

肉離れと足がつるとの違いは、どのようなところにあるのでしょうか?

肉離れが発生すると、突然激しい痛みに見舞われます。

肉離れは急に筋肉が収縮した時に強制的に引き伸ばされて、筋膜や筋線維の一部が損傷したり、筋肉が断裂する状態です。

スポーツ中に起こりやすく、寝ていて起きた時に起きるということは、ほぼありません。

サッカーのシュート動作の時に大腿四頭筋が、短距離走でハムストリングという筋肉が、
テニスの切り返し動作で腓腹筋(ふくらはぎ)肉離れを起こしやすい筋肉です。

筋肉が断裂したと聞くと、大変なことが起きているように思いますが、多くはRICE療法(ライス療法)で軽減します。

RがRestで安静、IがIceで冷やす、CがCompressionで圧迫、EがElevationで高挙です。

まずは、横になって安静にし、損傷した部分を冷やします。そして、速やかに病院へ受診するのがよいでしょう。

筋肉のケガ3種には肉離れやこむらがえり、筋・腱断裂がある

19478626

筋肉というのは使い過ぎてしまったり、ぶつけることによってケガをしてしまいます。

そんな筋肉のケガ3種を紹介します。

 

肉離れとこむらがえり

肉離れは、急激な運動や負荷が強すぎたり、また水分不足でも起こしてしまうケガです。

肉離れは、スポーツ愛好家やスポーツ選手のランニング競技において多くなりやすいです。

一般の人でも機会は少ないかもしれませんが、急激な運動をした時に発生することがあるため、注意が必要です。

 

こむらがえりは、筋肉の痙攣になります。

こむらがえりは、筋肉に傷はできていないため、ある程度治まってくると日常生活をすることができるようになるのが特徴です。

しかし、やっかいなのは高齢者になると突然起こることがあるので、常に筋肉に柔軟性を持たせることが大事になります。

 

アキレス腱などの筋・腱の断裂

筋・腱断裂なども筋肉のケガになります。
アキレス腱などは使っている頻度や強度、年齢による劣化によって切れやすくなります。

十分なウォーミングアップをせずに運動をすると、腱断裂をしてしまう可能性を持っています。

肉離れ、こむらがえり、筋・腱の断裂はそれぞれに違うケガになりますが、こむらがえりや筋・腱断裂は高齢者に起こりやすいケガです。

 

筋肉のケガの予防方法の基本はストレッチ

筋肉のケガ3種は予防することができます。

基本的には、まずウォームアップストレッチをやっておくことです。

特に、ストレッチをすることで使う前の筋肉を引き伸ばすことで、予備動作をする意識をつけることができます。

肉離れなどは痛みが激痛になることから、他のケガと違い大変なことが多いので予防することが不可欠といえます。

それぞれに発症の仕方や状況に違いがありますが、対処法はアイシングをすることで、同じになります。

また、すぐに専門機関で診てもらうことによって、ケガをした後の経過に差がありますので注意をしておくことです。

人間の体は筋肉、骨、靭帯、腱などのつながりによって成り立っていますので、常にケガをしない意識をもっておくことです。

効果と価格を徹底比較!肉離れサポートサプリ総合ランキング

▼肉離れのサポートサプリを選びたいなら♪▼肉離れサプリメント>>肉離れサポートサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<