重度の肉離れの症状と目で見る重症度

7984340

肉離れは、重症レベルになると皮膚の上からでも、

筋肉断裂の起こった部分に凹み・陥没を目で見ることができ、歩行は困難になります。

軽症レベルであれば、痛みがあっても自力で歩くことができます。

しかし、無理に動かすと悪化してしまう場合もあるため、

その処置方法症状について確認してみましょう。

重度の肉離れの症状と目で見る重症度

16446656

肉離れとは、筋肉が急激に縮んだことで、筋膜損傷筋肉断裂してしまうケガのことです。

軽症であれば、痛みと運動機能の低下程度で、保存治療によって、鎮痛させつつ、日常生活を送ることが可能です。

 

重症の場合は歩行が難しい

一方で、重度なものとなると皮膚の上からでも筋肉断裂の起こった部分に凹み・陥没を認めることがあります。

筋肉が筋膜ごと塊で断ち切れている状態ですので、歩行が難しいという程度ではなく、断裂した筋肉の部分によっては、そもそも立ち上がることができないこともあります。

特に、重度なものは素人目にも分かるので、身近な人がこのような状態の場合は、すぐに病院へ連れていくことをお勧めします。

 

肉離れの原因は筋肉の急激な収縮

肉離れの原因は、前述の通り急激に筋肉が収縮することが原因であることが多いです。

サッカーではシュートの際、ある筋とその筋に拮抗する働きをする筋とのパワーバランスが取れなかった場合にも起こることがあります。

つまり、縮んでいる筋肉に引き延ばす力が加わり、自分は縮もうとするのに外的に引き延ばされようとするので、筋はその耐久性を上回る力を受けることで断裂してしまいます。

 

予防するにはウォーミングアップで筋肉を温めること

肉離れを防止するには、十分にウォーミングアップをして筋肉を温めてほぐしましょう。

少しくらい外的な力が働いても切れない柔軟な筋肉を用意することによって、重度の肉離れは防ぐことができます。

ウォーミングアップ無しのストレッチは、実は冷えた筋肉をいきなり伸ばしているということになるので筋繊維に負荷がかかってしまいかえってケガの原因になると言われています。

ウォーミングアップを済ませてから、ストレッチに移りましょう。

肉離れの重症度は3つの段階に分けられます

4208400

激しい動作を必要とするスポーツ選手は、筋肉に障害が現れる肉離れを発症する人が多いでしょう。

筋肉と腱の柔軟性が低下していたり、筋肉に疲労が蓄積した状態で、急激に筋肉の収縮の動きが行われると、筋肉の部分断裂や完全に断裂するなどの症状が現れます。

肉離れは、スポーツ選手だけではなく、趣味程度に身体を動かされている人にも発症するものですから、症状について知っておくといいでしょう。

 

肉離れの3つの段階「軽症」「中程度」「重度」

肉離れは、主に3つの段階に分けられて、それぞれに適した治療法が選択されます。

第1段階は「軽症」で、筋細胞の断裂程度が軽く、自身の力で歩くことができる状態をいいます。

第2段階は「中程度」になり、筋繊維の一部断裂がみられて、筋膜の損傷や皮下の内出血が確認される状態で、自力で歩くことが厳しい状況とされています。

第3段階は「重症度」と診断される状態で、筋繊維に部分断裂完全断裂が起こっていて、患部は陥没した状態が見受けられます。

また、自身の力で歩くことはほぼ不可能となって、痛みも激しいものです。

回復までには軽症や中程度に比べると、倍近くの日数が必要で、適切な治療を行うことがとても大事です。

 

重症度に合わせて適した治療を受けるようにしましょう

肉離れを起こしてしまった場合は、正しい応急処置を行うことが大切です。

部分断裂によって内出血が起こることが多いため、これを抑えるためにアイシングを行います。強い炎症が起こっているため安静にして、専門医の診療を受けるといいでしょう。

肉離れは、第1段階にあたる軽症度、第2段階の中程度、第3段階の重症度に分けて、

それぞれの症状に適した治療が行われます。

一日も早い回復ができるように、症状に合わせたリハビリも取り入れられます。

ふくらはぎや太ももなどに発症することが多く、適切な処置を行いましょう。

軽症では歩行支障があまりない!症状別にみる肉離れの重症度

10670259

肉離れとは筋断裂のことで、筋繊維の損傷が起こる怪我をいいます。

スポーツなどで走り出しやジャンプ、切り返しなど、瞬間的に筋肉の収縮が起きた時に

筋細胞や筋膜が限界を超えて引き伸ばされたことで、筋断裂が起こることが原因です。

 

症状が軽症なら自力で歩くことができる

肉離れは、身体のさまざまな筋肉で起こります。

特に起こりやすい部位は、下半身の筋肉です。太ももでは前側の筋肉、裏側のハムストリングと言われる筋肉、ふくらはぎでは腓腹筋と言われる筋肉です。

 

肉離れの重症度は軽い順にⅠ度損傷、Ⅱ度損傷、Ⅲ度損傷の3段階に分けられます。

軽症では自力で動かすことができ歩行支障があまりないことが多く、動かさなければ痛みが少ないといった特徴があります。

中程度では押したときに痛みがあり、自力歩行が困難になり、皮下内出血を伴う場合もあります。

重症においては、痛みがかなり強く出て、患部には断裂のための陥没が確認できるようになります。自力の歩行はほぼ不可能になります。

 

軽症でも完全に回復させることが重要

痛みの経過は発症から2、3日は強い炎症反応が見られるため、この時期はしっかりアイシングすることが重要です。

そして、2〜3週間で軽快に向かうことがほとんどです。

しかし軽症だから、あるいは症状がなくなったからといって、運動を再開すると肉離れは90%で再発が起こるというデータもあります。

丁寧なリハビリで完全に回復させることが重要です。

回復の期間は、部位による差異もあり、太もも前側は比較的短いと言われます。

一般的な目安は、最も重症度の低いⅠ度損傷で2週間程度、中程度のⅡ度損傷で1か月、最も重いⅢ度損傷では3か月から場合によっては6ヶ月とされています。

 

筋肉の柔軟性が失われ始めると肉離れの発症リスクが高くなる

肉離れは、小さな子供には起こりにくく、20代から30代で多く発症する怪我です。

子供は筋力を上回るような動きをすることが少ないとも言えますが、筋肉の柔軟性が失われ始める、ある程度身体が出来上がった時期から発症のリスクが生じます。

したがって肉離れの予防には、充分な柔軟性と筋力を高めることが必要です。

効果と価格を徹底比較!肉離れサポートサプリ総合ランキング

▼肉離れのサポートサプリを選びたいなら♪▼肉離れサプリメント>>肉離れサポートサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<