肉離れの予防にテーピングを使う5つの目的

肉離れが起こった時には、その度合いに関わらず、適切な治療が必要です。

早めに整体院や接骨院を受診して、専門家によるテーピング治療を受けることで治癒が早まり、再発を防止にも役立ちます。

肉離れの予防にテーピングを使う5つの目的

17338586

激しく動くスポーツによって、急激に筋肉が収縮、筋膜や筋線維の一部が損傷することで起こる肉離れは、激しい痛みを引き起こします。

一時的に治っても、適切な予防措置をしておかないと再発してしまうことがあります。

早期の治療と再発防止対策が肝要です。

痛みの度合いに関わらず、肉離れには適切な治療が欠かせません。

早めに整体院や接骨院を受診して、専門家によるテーピング治療を受けることで治癒が早まり、その後の再発を防止することにも役立ちます。

 

テーピングの5つの目的

肉離れの治療で利用されるテーピングには、5つの目的があります。

1つ目は、肉離れを発症を予防する発生予防対策です。

あらかじめ筋肉の繊維に沿って貼っておくことで、無理な力がかかっても筋肉へのダメージが最小限に抑えられます。

2つ目は応急処置対策です。

テーピングによって、その場ですぐ患部の固定や圧迫が可能となります。

すぐに本格的な治療を受けられない状態でも、それ以上の悪化を防ぐことができます。

3つ目は、リハビリ段階における患部の支持と、リハビリ期の痛みの緩和に役立てることです。

4つ目は、スポーツの種類によって過度の負担がかかりやすい関節・靭帯の補助としても利用されます。

5つ目は、肉離れが完治してからも同じ箇所に再び無理な力が掛からないよう、再発防止対策のためのテーピングです。

 

専門家の指導を受けて正しい貼り方をマスターしましょう

肉離れはいったん発症してしまうと、一定期間スポーツの継続が困難になってしまうため、とにかく大事なのが予防です。
テープには、患部を強く固定する硬めのタイプや、治療にも役立つキネシオという伸縮性のあるタイプなど幾つかの種類があり、患部の状態や治療段階によって選択が変わってきます。

そういった知識も含め、専門家の指導を受けて正しい貼り方をマスターしておくと、スポーツを長く快適に続ける上でも大いに役立ちます。

肉離れを予防できるテーピングの種類

14581794

肉離れを予防する方法にテーピングがあります。

テーピングの種類は非伸縮性テープ、アスレチックテープ、コーチテープ、ホワイトテープなど多種多様に種類があります。

目的に応じて、それぞれの特徴を知って使用することで肉離れの予防につながります。

 

非伸縮性テープ(コーチテープ、ホワイトテープ)の特徴

コーチテープやホワイトテープは、非伸縮性のテープです。

伸縮しないので、関節や筋肉をガッチリ固定したい場合に使用されます。

肉離れが発生した直後に応急処置として患部を固定する場合は、こちらの非伸縮性テープを使用するとよいでしょう。

 

伸縮性テープ(アスレチックテープ)の特徴

アスレチックテープは、伸縮性のあるテープです。

アスレチックテープは、伸縮性に優れているので関節に巻いても、曲げ伸ばし等の動きを完全に制限することなく、筋肉や関節をサポートしてくれます。

ガーゼや湿布を固定することもでき、さまざまな場面で活躍する万能テープです。

肉離れの予防については、伸縮性のあるテープを選択したほうがよいでしょう。

 

テーピングの巻き方を調べて何度か練習してみましょう

テーピングの巻き方については、専門家に教えてもらったり、

ネットで巻き方が数多く公開されていますので、自分の症状にあった巻き方を調べてみましょう。

また、最初から上手には巻くことができないかもしれませんが、何度も繰り返すことで上手になってくるでしょう。

自分でテーピングができるようになれば、いつでも肉離れの予防に役立てることができ安心です。

効果と価格を徹底比較!肉離れサポートサプリ総合ランキング

▼肉離れのサポートサプリを選びたいなら♪▼肉離れサプリメント>>肉離れサポートサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<